風俗より愛を込めて

辞めることは考えましたけどね

きっと誰もが一度くらいは風俗を辞めようかなって思ったことはあると思うんです。女の子が嫌だったとかよりも、自分の事情ですよね。金銭的なものもそうですけど、奥さんとか恋人がいるなら、やっぱり気持ちの面で晴れないのも事実というか、どうしても「申し訳ない」みたいな気持ちになることもあると思うんです。自分も昔はその気持ちになることもありましたけど、でも今ではそういったことはあまり考えないようになりましたね。むしろ割り切りが出来るようになってきたというか、そもそも風俗はサービスであって、浮気している訳じゃないんです。…あくまでも男側の意見ですが(苦笑)だから別に風俗はやましいものではない…とはいっても、さすがに妻や恋人相手に「今日風俗に行ってきてさ~」なんて話すのは難しいとは思います(苦笑)それだけに、いろいろと悩むこともあるかもしれないんですけど、割り切って遊ぶくらいで丁度良いんじゃないかなって思いますよ。

女子大生って響きが燃えたんです

美人とか可愛いとかっていう外見の部分よりも彼女の肩書に心を奪われたんです。彼女は現役の女子大生風俗嬢。女子大生っていう響きだけでここまで自分の気持ちが違うものなんですね(笑)ホームページを見ている時に彼女を見かけたんです。本当に驚きましたよ。だって現役女子大生じゃないですか。こう言ったら失礼かもしれませんが、風俗で働く医よりも女子大生生活を満喫した方が良いんじゃないかなって思ったんですよね。でも彼女が言うには、風俗は二週間に一度くらいしか出勤していないと。それでも普通に週四で喫茶店とかでバイトするよりも全然良い額になるって話だったんですよね。まぁそれもそれである意味効率の良い話だなとは思いましたけど、こっちからすれば効率の話よりも、とにかく女子大生と言う肩書に心を奪われたのもあるので、それで思う存分楽しむことが出来ましたよ。やっぱり「現役女子大生風俗嬢」という響きは、男心をいろいろな意味で刺激させてくれるものだなと。