風俗より愛を込めて

吐息がかかるのが良かった

彼女、いろいろな意味で距離が近い風俗嬢でした。心の距離もそうなんですけど、実際の距離って言うんでしょうか。彼女が言うには耳があまりよくないとのことで、話す時とかこちらにかなり寄ってくるんです。だから相当近いんですよ(笑)彼女が喋る時、吐息までかかりましたからね(笑)でもこれ、今思えば彼女の風俗嬢としての計算なのかなって思ったんですよ。こちらへの距離感を縮めることによって興奮を生み出すのが狙いだとしたら、彼女の作戦は大成功ですよ(笑)事実、そのおかげでこっちは勝手に舞い上がっちゃいました。もしかしたら自分だけにここまで近くまで来てくれているんじゃないかという、かなり都合の良い勘違いをしたおかげで、プレイの間はずっとテンションが高かったですね。それが出来たのも、すべては彼女のおかげなので、彼女には感謝しかないですよ。そのおかげでいつも以上に興奮しましたし、その日はずっと余韻に浸っていましたしね。

風俗の「激安」はどうだろう

かつてのイメージで言えば、激安の風俗は安いけど、出も女の子に関してはあまり良いとは言えない。そういったものだったんじゃないですかね。このイメージは決して間違いではないと思うんです。風俗に限らず、料金はある程度サービスの質を表しているものだと思うので、安いってことは高いものと比べて何かが劣っているってことですしね。これはもう紛れもない事実ですし、そこが激安のポイントだとも思うんですよ。でも、激安風俗に関しては最近少し事情が変わりつつあるんじゃないですかね。明らかに昔と比べるとレベルが高くなっているなって感じることが多いんですよ。自分でもそこは本当にびっくりするんです。だから、昔は自分もお金がない給料日前に軽く遊ぶ程度だったんですけど、これだけのレベルがあるなら激安風俗をメインにしても悪くはないんじゃないかなって思った程なんですよね。そう思えるくらい、激安風俗のレベルはなかなかのものになっているなって。